「やりたい仕事が見つかりません」と悩む人に言ったこと

no title 悩み【人生】
スポンサー

これも就活生によくある悩みなのですが、「やりたい仕事がない」「見つからない」というものです。

その対処法をご紹介します。

実は「やりたいこと」よりも、まず、「やりたくないこと」から考えていきます。

例えばこんなことが挙げられるのではないでしょうか。

・長時間、誰かと接しているのが苦手
・一日中、机に座っているのが苦手
・数字を扱うのが苦手
・人に命令されるのが苦手
などです。

人間だれしも苦手なことがあるはずです。
それを仕事にするほど難しいことはありません。

やりたくないことをしないために
まず、そのやりたくないことを多く含んでいる仕事を避けていきましょう

長時間、誰かと接しているのが苦手だとすると、例えばプログラマーなどは黙々と作業をすることもある程度認められます。

フリーランスで自宅にこもって作業のできるWEBデザインの仕事なども良いかもしれませんね。

ただし、必ず人と接するシーンは発生します。完全に他人に合わない仕事はかなり限られてきますが。

ブログをひたすら書く、記事を書くなどは一人でも可能ですが取材がある程度必要になってしまうため人に合わないのは難しいです。

一日中、机に向かっているのが苦手だとすると、例えば下手に企業勤務すると1日中、机に座っていることになる可能性があります。

避ける方法としては外回りの営業などを狙っていく方法があります。

また、タクシーやトラックの運転手、引っ越し屋、大工、農業など

体を動かす仕事が向いているといえます。

数字を扱うのが苦手だとすると、これはもう、事務などの仕事は向かないので、体を動かすのがベストです、

タクシーやトラックの運転手、引っ越し屋、大工、農業・林業、清掃業などなど。

次にそもそもどんな暮らしをしたいか考えてみましょう。

自分の稼いだお金で家賃と食費、人付き合いをするためのお金を得ようとすると

最低でも10万円以上のお金がかかると考えてよいでしょう。

上を見ればきりがありません、一人の食費に数十万円のお金をかけることもできますし、

切り詰めて、1万円前後に抑えることも可能でしょう。

自分が何にお金をどのくらいつくりたいか、

それをするとトータルでいくらくらい使ってしまうのか考えておく必要があります。

首都圏であれば 15万~25万円くらい

地方であれば 10万円~20万円くらいで満足できるという方は

多いのではないかというのが私の肌感覚です

ただ、これ以上の暮らしをしていきたいと考えるのであれば、

貯金等の備えが必要になることもあり、

職業選択の幅に稼げるかどうかを吟味する必要がでてきます。

また、どんな企業に入ったらどんな暮らしになるのかについて考えるのも重要です。

そもそもどのくらい残業があるのか

休みの日に仕事のための勉強をするような仕事の形態なのか

転勤があるのか

そして何より、その会社の雰囲気はどんなものなのか

気にすべき要素はたくさんあります。

特に普通の人は周囲の人を影響を受けて

自分の生活スタイルが変わっていくのが一般的です。

とにかく手を止めず行動することが大切です。
一番まずいのはやりたいことが見つからないからといって行動を止めてしまうことです

最低限何かをしていればやりたいことが見えてくることもあります。

ひとまず、現時点で一番マシなこと、嫌いでないことをひとまずやってみれば

その中で新たな発見があり、やりたいことにつながっていくかもしれません。

大丈夫です。応援しています。

コメント

https://kaiketsu-blog.tokyo/yaritaishigoto/