「決断力をつけたい」という悩みの解決法はこれだ!

no title 悩み【人生】
スポンサー

決めるのって、難しいですよね。どうでもいいことでも、どうでもよくないことでも。
では、どうすれば決断力がつくのかをご紹介していきます。


武器としての決断思考 (星海社 e-SHINSHO)
スポンサー
スポンサー

優先順位を決めておく

まず「優先順位を決めておくこと」です。常日頃から優先順位を決めておくことで、面談や打ち合わせの順番、スケジュール管理などの決断に役立ちます。

私のよく知る人は、人との約束の優先順位を、先約⇒家族⇒友人⇒部下⇒上司…というように前もって決めています。先約が一番で、先約がなく約束が重なった場合は、仕事より家族、部下より友人との約束を優先させると決めているそうです。優先順位を決めているので決断が速いのです。もちろん緊急を要する場合や突発的な事故などで臨機応変に対応しなければならない場合もありますが、基本的な優先順位を決めておくことで通常の場合に、迷いが少なくなり決断が速くなります。


決断の本質 ― プロセス志向の意思決定マネジメント ウォートン経営戦略シリーズ

決めておく練習をしてみる

そのために、「決めておく練習」をおすすめします。

訓練として、ファミレスや喫茶店で注文する場合、メニューを開いてから30秒で選ぶのをやってみてください。もし、決まらなかった場合は、決められなかったペナルティーの意味も込めて、飲み物ならメニューの5番目、食べ物なら7番目を注文すると決めます。最初は1分でも3分でも良いので、制限時間を決めてメニューを選んでみて下さい。時間内に決まらなければ強制的に意に反する物を注文すると思うと、決断するスピードが上がってきます。


決断力 (角川新書)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

勝ち馬がわかる 競馬の教科書 改訂版 [ 鈴木 和幸 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/4/11時点)


正しい決断力を身につけるためにはどうしたらよいか

とはいえ、早く決断すればいいとは限りません。それが正しくなければ意味がないわけです。
その、正しい決断をするために、「紙に書き出してみる」という方法があります。難しい問題の場合、頭の中で考えれば考えるほど混乱し、問題の所在が整理できず、決断が鈍る傾向にあります。そこで、その決断をしたことによるメリットとデメリットを、できるだけ多く紙に書き出していくのです。

頭の中で考えるのではなくアウトプットすることで問題の所在が整理でき、より正しい決断ができるようになるのです。


早く正しく決める技術
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

勝ち馬がわかる 競馬の教科書 改訂版 [ 鈴木 和幸 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/4/11時点)


正しい決断のため選択の幅を広げる

あとは1人で悩まないことですね。
「人の意見を聞くこと」も重要です。様々な意見を聞くことで選択の幅が広がります。自分で考えるだけでは限界があることも、人の意見を聞くことで、よい知恵が浮かんだり、新たな発見がある場合があります。上司、同僚のみならず部下からの意見にも耳を傾けます。若い意見から斬新なアイディアが生まれる場合もあるからです。そして何より部下も頼られていると意気に感じて、その仕事に前向きに取り組むことに、つながります。

ここで注意するのは、責任は自分が取ること。誰かのせいではなく、最終決断は自分がしたことだからです。


決断=実行

「日頃から勉強しておくこと」も大事

生きていると、日々決断の連続です。仕事が速い人は、決断も速く、その場で瞬時に決断をしているように見えます。しかしその決断に至るまで、いろいろな方向にアンテナを張って決断力を研ぎ澄まさせているのです。正しい決断ができる人は、知識が豊富です。情報を集めて決断の精度を高めています。


オトナの決断力 恋愛、仕事、人間関係、欲しいものを手に入れる!

大丈夫です。そのうちできるようになります。心配いりません。応援しています。


コメント

https://kaiketsu-blog.tokyo/ketsudan/