「自分はアピールポイントがありません」と悩む人に言ったこと

no title 悩み【人生】
スポンサー

私の相談室に来る就活生の悩みで一番多いのが、これです。

ま、急にアピールポイントなんて言われても普通出てきません。

私がいつも勧めているのは「自分」「他者」「課題」の3つのキーワードで
アピールポイントを探すことです。


採用側の本音を知れば就職面接は9割成功する

「自分」
自分自身の内面に関わるアピールポイントのことです。例えば、向上心・集中力・チャレンジ精神・ポジティブ思考などが挙げられます。 自分で自分の内面の強みをリストアップするのは難しいかもしれませんが、主体性・粘り強さ・やり抜く力など、キーワードをもとに考えてみると思い浮かびやすくなります。

「他者」
他者との関わりの中で発揮するアピールポイントのこと。代表的なものとしては、コミュニケーション力・協調性・プレゼンスキルなどがあります。物事をわかりやすく伝える力や、後輩を指導する力もこれに入ります。交渉力やホスピタリティ、巻き込み力が強みだという人も多いのではないでしょうか。

「課題」
課題に直面した時、それを解決するために発揮するアピールポイントのことを指します。論理的思考力・発想力・分析力などがあると、どんな課題にも落ち着いて対処できるはず。文章を組み立てる力や、企画力・計画力も立派なアピールポイントになります。


ビジネスバッグ 就活バッグ リクルートバッグ 男性 ビジネスバック

また、短所を裏返すだけでもアピールポイントになります。
「長所が思いつかない…」という人であっても、自分の短所ならいくつかリストアップできるのではないでしょうか。多くの場合、人の短所は見方を変えるだけで長所へと生まれ変わります。短所を裏返すという方法で、アピールポイントを探すのも有効です。

例えば「優柔不断」という短所は、「協調性があり、チームワークが得意」と言い換えることができます。「飽きっぽい」という短所も、「強い好奇心があり、チャレンジ精神がある」と考えることができるでしょう。

「自分の意見を言えない」ことも「人の意見をじっくり聞くことができる」に言い換えられますし、「悲観的でネガティブ」な性格は「慎重で冷静」となるでしょう。


内定者はこう書いた! エントリーシート・履歴書・志望動機・自己PR 完全版 2022年度版 (「就活も高橋」高橋の就職シリーズ)

そして、過去の名場面を思い出してみるのも有効です。

受験勉強に励んでいた頃や、部活の試合で勝った時、サークルで初めて成果を残せたときなど、これまでの人生を振り返ってみて、「自分がその名場面でどんなモチベーションで活動していたのか」を明らかにしてみると、自分のアピールポイントを見つけやすくなります。

例えば、サークルを楽しめるようになっていた時、もしかすると「後輩と話をするのが楽しい」「ほかの人の役に立てていることがうれしい」というモチベーションで、日々の生活に取り組めたという人もいるかもしれません。

その場合には、コミュニケーション力や交渉力、あるいはホスピタリティやおもてなしの心をアピールポイントとして自己PRにつなげることができるかもしれません。


就活の教科書 これさえあれば。 2023年度

同じように、人生の中で「これはうまくいったな」と思える出来事をリストアップして、当時のモチベーションを考えてみることが、あなたの意外な強み・長所を発見するのに役立つでしょう。

また、友人や家族、同僚に質問してみるのも有効です。

自分を外から観察している友人や家族、同僚などに直接してみると、自分では思ってもみなかったところが強み・長所だと気づけるかもしれません。自分自身でアピールポイントを考えると、ついつい「こうなりたい」という願望が含まれてしまうものですが、第三者からの客観的な意見を参考にすると、さらに明確な強みを見つけることができるでしょう。


[セシール] ブラウス 形態安定シャツ 長袖UVカット 抗菌防臭 MW-1563 レディース ホワイト 日本 S (日本サイズS相当)

性格や気質に関する強みは、家族に聞くのがおすすめ。一方で仕事上の長所・短所に関しては、友達に聞いてみるのが効果的です。

大丈夫です。応援しています。

コメント

https://kaiketsu-blog.tokyo/apple/