3年目で会社を辞めたい人へ 辞めてもいいんです

no title 悩み【仕事】
スポンサー

多くの人の経験から、社会人3年生が会社をもう辞めてもいい理由をお伝えしていきます。

あなたが入社3年目で会社を辞めてもいい理由は3つあります。

3年で辞めていい理由


1,新卒入社は給料が安いから

2,いつ辞めても、周りに迷惑は絶対にかかるから

3,辞めたい時が辞められない人は社畜だから

4,終身雇用も年金もない時代にキャリアは自分で作るしかないから


あなたが新卒3年目に辞めてもいい最初の理由は、『新卒入社した社員の給料は安いから』です。

新卒入社した社員は、中途社員よりは給料が安い傾向にあります。

もちろん、入社したての頃は何も仕事ができないのにかかわらず、先行投資としてお給料をいただいていた訳ですし、これは会社が悪いわけではありません。

実際、あなたが同じ業界で転職を考えれば、確実に今より給料の高い仕事にありつくことができるでしょう。

第二新卒の転職条件には、『最低2年以上の経験』を求められることが多いですが、あなたはすでにそれをクリアしています。

しかし、中には『今、会社を辞めると周りに迷惑がかかってしまう』ことを理由に会社をやめられないという人もいるでしょう。

次に「いつ辞めても、周りに迷惑は絶対にかかるから」についてです。

どういうことかと言うと、これからあなたは長く勤めれば勤めるほど、『辞めるときに周囲にかかる迷惑』はどんどん大きくなっていきます。

結論から言うと、いつ辞めたとしても、あなたが迷惑をかけないで辞めるって言うこと自体が無理な話です。

だったら、周囲のダメージが最小限の『今』が1番の辞め時なのです。

そして、気をつけなくてはならないのは、あなたが辞めたいと言っても、実はすぐには辞められないということです!驚きましたか?

女性医師とハイスペック男性のための結婚情報サービス【女医プレミアム】

そして「辞めたい時に辞められない人は社畜だから」についてです。


もしかしたら、同僚の◯◯さんが最近やめたから、今は辞める時期じゃないだろうと先延ばしにしているかもしれませんが、これは全く意味がないです。

もちろん、新しい部署とか新しい役職に就いてから、1年以内に辞めるって言い出しづらいものですよね。

ただ、そうこうしているうちに、他の社員が次から次へと辞めていき、結局あなたが辞めるタイミングは一生やってこないでしょう。

だから、結局は辞めたい時が辞め時です。

厳しい言い方ですが、もしかしたら、今あなたが辞められない理由として考えていることは『あなたが辞める勇気を持てない』言い訳にすぎないかもしれません。

最後に「終身雇用も年金もない時代にキャリアは自分で作るしかないから」についてです。

これがさっさと辞めるべき1番の理由ですが、企業がこれだけリストラをしていて、終身雇用制度なんてありえない時代に、会社にぶら下がっているだけでは、40代、50代になって後悔するのは目に見えています。

そもそも国として、副業が推進している理由は、『年金が足りないから、その分は自分で稼いでね』というメッセージです。

これほど厳しい将来が待っているのに、ただただ同じ企業にしがみつくなんてリスクでしかありません。挑戦しないことが1番のリスクになる時代です。

入社3年目に辞めたいと感じるのは、至って普通のことです。

なぜなら、会社のいい面も悪い面も、そして将来性も把握できるようになるからです。

人によっては、すでに仕事の中でやりがいを既に見出しているし、その一方で、仕事に慣れてきたせいで、なあなあで業務している部分もあるのではないでしょうか?

また、人間関係で嫌な思いをしても、そんな感情をうまくコントロールできるようになっている頃だと思います。

怖いことに、この日常がずっと続いていくと、今の状況が『当たり前』と脳に擦り込まれていきます。

そして、日本企業の社内ルールは、面白いことに他の会社に行ったら全く通用しません。

だから、長く勤めるほど、転職でのギャップも感じやすくなるものです。

もし、他の職種やジャンルに興味があるなら、柔軟性の高い今こそ転職すべきです。

婚活でお悩みの方は、四柱推命鑑定師の資格を持つ婚活アドバイザーにご相談頂けます。

また、3年目は最も仕事が急増しやすい時期です。

仕事が忙しすぎるせいで、家に仕事を持ち帰る様になる人も増えます。残業は当たり前ですよね。

会社組織の体質が、自分の価値観と合わず、それに嫌気がさす人も多いと思います。

また、人によっては仕事を通してぼんやりと『自分のやりたいこと』が見えてきている人もいるかもしれません。

しかし、それはまだ『ただなんとなくやりたいこと』レベルなので、すぐにはお金にならなかったり、転職することがすぐには難しいケースも多いでしょう。

結局は不満を持ちながらも、あなたにとっては『現状維持』が無難な選択肢になっているのではないでしょうか。無難は実はその場しか救いません。長い目で見て、ここにいるべきか、じっくり考えてみるといいと思います。応援していますよ。

スポンサー
悩み【仕事】
スピリチュアルカウンセラー・ひさしの悩み解決ブログ

コメント

https://kaiketsu-blog.tokyo/3%e5%b9%b4%e7%9b%ae%e3%81%a7%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%82%92%e8%be%9e%e3%82%81%e3%81%9f%e3%81%84%e4%ba%ba%e3%81%b8%e3%80%80%e8%be%9e%e3%82%81%e3%81%a6%e3%82%82%e3%81%84%e3%81%84%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%99/