人を好きになる出発点はどこか

no title 悩み【人生】
スポンサー

今まで普通に接していたのに、急に特別な存在になってしまう時があると思います。 人を好きになるキッカケは、何なのでしょうか。 人を好きになるまでの過程には男女で異なりますが、今回は男性が恋愛感情を抱くきっかけについてご紹介します。

男性が恋愛感情に気付くきっかけ① 他の男性の話をされて、嫉妬する自分に気付いたとき

男性は女性よりも他人に関心を持たない人が多いです。あまり干渉もしないので、単なる友人だと思っている女性の交友関係には特別な興味はありません。女性が他の男性を褒めても、「そうなんだ」と聞き流してしまったり、そもそも熱心にその話を聞いていなかったりする時もありますね。でも、話を聞いていて不愉快になってしまう時もあるのですよ。自分が知らない人をやたら褒めるので、「そいつは誰なんだ」と不快に感じてしまうのです。 そして、楽しそうにその人の話をしているその女性を見て、「もしかして、そいつが好きなのか」と心配になってしまいます。男性の方が人を好きになる気持ちに鈍感なので、嫉妬の感情が人を好きになるキッカケになる時があるのです。

男性が恋愛感情に気付くきっかけ② 自分だけ優しくされたとき


男性は自分を強く見せたいと思う一方で、甘えたいという気持ちを心のどこかに隠し持っています。そんな気持ちに気付いて寄り添ってもらえると、その人を好きになる時があるのです。もともと男性は女性よりも言葉で自分の気持ちを表すのは、得意ではありません。それに、辛い出来事があっても、女性の前で辛い表情をするのは恥だと考える人もいます。 だから、多少体調が悪くても、元気そうにふるまってしまう時もあるのです。どこか辛いと訴えたわけでもないのに、体調を気遣ってくれる女性がいると良い気分になってしまうもの。特に他の男性には特別な気遣いを見せないのに自分にだけ優しくしてくれると、それが人を好きになるキッカケになったりします。

男性が恋愛感情に気付くきっかけ③ 別れ際が寂しいと感じたとき


男性は女性と比べると、あまり感傷的ではありません。一緒に楽しく遊んでいても帰る時間になると、もう気持ちが切り替わっているもの。心の中では、「帰ったら何をしようかな」と考えていたりするのです。ところが、それとは全く違う反応を見せる時もありますよ。別れ際に寂しそうに見つめられて、ドキッとしてしまうのです。人を好きになる気持ちに鈍感だったとしても、寂しそうに見つめられてしまうとその瞳に吸い寄せられるように、去りがたいと感じてしまいます。 そんな時、男性は帰ったら何をしようかとう考えは吹き飛んで、目の前の人に集中しているのです。こんなふうに別れ際に可愛らしく寂しさを訴えられると、それがその人を好きになるキッカケになる時もあります。

男性が恋愛感情に気付くきっかけ④ 頼られたり、甘えられたりして嬉しいと感じたとき


女性は優しくされるとその人を好きになる時が多いですが、男性はそうとばかり言えません。 男性にはヒーロー願望が根底にあるので、むしろ優しくされるよりも頼られる時の方が人を好きになるキッカケになる時が多いです。さらに、他の人には甘えないコが自分にだけ甘えてくると、急にその人を好きになる気持ちを抱いてしまう時も。「どうして、こんなに甘えてくるのだろう」と思いつつ、頼られると嬉しいのです。 いつも自分を頼ったり甘えられたりしているうちに放ってほけないと感じるようになり、甲斐甲斐しく世話してしまいます。 そのうち、そのコから「ありがとう」と笑顔で見つめられると、その笑顔がまぶしくてまともに見られなくなるのです。そして、それが人を好きになるキッカケになります。

男性が恋愛感情に気付くきっかけ⑤ 外見が好みだったとき、ひとめぼれ


男性は女性よりも視覚派が多いと言われています。何かを判断する時は、他人からの情報よりも、自分の目で見たもので判断しようとする人が多いのです。そのせいか、男性が人を好きになるのは、外見から入るケースがたくさんあります。第一印象でその人を好きになるか、対象外になるか決まってしまう時がよくあるのです。但し、その人の外見のどこに惹かれるのかは、男性によってかなり異なります。顔やスタイルが好みだと感じる人もいれば、サラサラなびくきれいな髪や肉感的な唇に見とれて、その人を好きになる人もいますよ。 また、優しい笑顔を向けられてその人を好きになる気持ちを抱く人も。このように魅力的な外見といっても人それぞれですが、男性は目で見て魅力的な人を好きになる時が多いです。

男性が恋愛感情に気付くきっかけ⑥ 目で追ってしまう自分に気づいたとき


一般的に男性は女性よりも自分の気持ちを隠すのが得意ではありません。関心のない人が近くにいても気づかない時がよくありますが、逆に好意を持っている相手が近くにいると、すぐに気づいてしまうもの。そして、相手を無意識に目で追ってしまうのです。 まだ淡い感情を持っているだけの場合は、自分自身もその人を好きになる気持ちをはっきりとは自覚していません。それなのに、その人をずっと目で追ってしまい、自分の強い視線を相手に気付かれた時にハッとしてしまうのです。慌てて目を逸らしながら「こんなに動揺してしまう時は今までなかった」と思う程動揺している自分に、気づきます。 それがその人を好きになる気持ちに気づくキッカケとなります。

男性が恋愛感情に気付くきっかけ⑦ 相手の些細な事も覚えていたとき


男性は人の話を聞くのが苦手な人が多いです。その場のノリで「ウンウン」と調子良く頷いていても、一晩経つと会話の内容をすっかり忘れてしまう時もありますよ。以前に聞いた事があるはずなのにまた同じ事を聞いてしまって、「この前、その話はしたよ」と言われて気まずい雰囲気になる時もありますね。 けれども、人を好きになると、相手の話はしっかりと覚えている時が多いのです。前回の会話をしっかり覚えていて、「この前の話し、あれからどうなったの」と聞いてしまいます。 また、好きな食べ物もしっかり覚えていて、「これ、好きだったよね」とさりげなく好きな食べ物をあげようとする時も。周囲から「よくそんな些細な事を覚えているね」と指摘されて、その人を好きになる気持ちに気づく時があるのです。

男性が恋愛感情に気付くきっかけ⑧ もっと一緒に居たいと思ったとき


男性は女性と比べると、好き嫌いをあまり口に出さない人が多いです。それほど好意を持っていない相手とも、冗談を言ったりその場の雰囲気を盛り上げたりできる人はたくさんいます。だから、仲良く会話しているだけでその人を好きになるわけではありません。実は、男性が自分の気持ちに気づくのは楽しく会話した後に、どんな感情を抱くかによるのです。人を好きになると、男性はずっと一緒にいたいという気持ちが湧いてきます。 そのため、わざと遠回りをして帰ろうとしたり、会話を終わらせないように次々と話題を出してその人と話し続けようとしたりするのです。このように、別れ際に離れるのが耐え難いと感じる事で、男性はその人を好きになる気持ちに気づく時があります。


男性がどうしてその人を好きになるかわからないと悩んでいる方も多いでしょう。実際に男性が人を好きになるキッカケは、意外と単純な時が多いです。ある仕草に惹かれてしまったとか、ある事を言われてドキッとしてしまったとか。どうしたら恋愛に発展するだろうかと難しく考え過ぎずに、男性との交流を楽しんでください。 あなたのありのままの態度に惹かれ、親しくなりたいと思っている人がすぐ近くにいるかもしれません。チャンスを逃さずに、素敵な恋を見つけてくださいね。

スポンサー
悩み【人生】
スピリチュアルカウンセラー・ひさしの悩み解決ブログ

コメント

https://kaiketsu-blog.tokyo/%e4%ba%ba%e3%82%92%e5%a5%bd%e3%81%8d%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e5%87%ba%e7%99%ba%e7%82%b9%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%93%e3%81%8b/