「髪がパサつきます」と悩む人に言ったこと

no title 悩み【人生】
スポンサー

春は髪がパサつきますよね。

では、どうしたらパサパサ髪を改善できるのか、7つの方法をご紹介します。

  1. トリートメントやヘアパックでケア
    実は、内部もパサパサになってしまった髪の毛にはコンディショナーはあまり浸透しにくいこと、ご存知でしたか?

パサパサになってしまった髪の毛には、コンディショナーよりも「トリートメント」や「ヘアマスク」がおすすめです。
潤い成分や栄養がたくさん入ったものを使えば、外側からは難しいケアも簡単に。

パサパサになってしまった髪の毛には、コンディショナーよりも「トリートメント」や「ヘアマスク」がおすすめ。
潤い成分や栄養がたくさん入ったものを使えば、外側からは難しいケアも簡単に。
髪の毛内部に必要な栄養素や潤いを効率的に届けてくれますよ。

  1. シャンプーは刺激が少ないものに切り替える
    パサパサした髪には、「汚れを徹底的に落とす」ものよりは、

・油分を奪いすぎない
・水分(栄養)を補給する

ことに特化したシャンプーを選ぶのがおすすめ。

また、少しお値段は上がってしまいますが

・アミノ酸系(低刺激)
・保湿成分配合
・添加物が少ない
シャンプーだとベターです。

パサパサした髪には、「汚れを徹底的に落とす」ものよりは、

・油分を奪いすぎない
・水分(栄養)を補給する

ことに特化したシャンプーを選ぶのがおすすめ。

また、少しお値段は上がってしまいますが

・アミノ酸系(低刺激)
・保湿成分配合
・添加物が少ない
シャンプーだとベターです。

産後のパサパサ髪が気になる方も、まずはシャンプーをアミノ酸系のシャンプーに切り替えることで少なくとも改善がみられるケースが多いようですよ。
正しいシャンプー方法もこの機会にマスターしておきましょう♪

  1. 髪の毛への刺激を最低限に抑える
    ・パーマやカラーの際には、トリートメントもセットにする
    ・出かける際は髪の毛用の日焼け止めをスプレーする
    ・晴れの日は帽子や日傘を使う
    ・髪の毛が長い方は、寝るときに軽く髪の毛を結って寝る

など、髪の毛への刺激を極力抑えられるよう心がけてみましょう。

・パーマやカラーの際には、トリートメントもセットにする
・出かける際は髪の毛用の日焼け止めをスプレーする
・晴れの日は帽子や日傘を使う
・髪の毛が長い方は、寝るときに軽く髪の毛を結って寝る

など、髪の毛への刺激を極力抑えられるよう心がけてみましょう。

  1. シャンプー前にはブラッシングを
    シャンプー中の摩擦もパサパサ髪の原因になりやすいため、なるべくシャンプー前には軽いブラッシングをして余計な髪の毛のからみや汚れを取り除いておきましょう。

ブラッシングで解けないからみは無理に取ると地肌が痛む可能性があるため、無理に取らなくてもOKですよ。
シャンプー中の摩擦もパサパサ髪の原因になりやすいため、なるべくシャンプー前には軽いブラッシングをして余計な髪の毛のからみや汚れを取り除いておきましょう。

ブラッシングで解けないからみは無理に取ると地肌が痛む可能性があるため、無理に取らなくてもOKですよ。

  1. コンディショナーは地肌につけないよう気をつける
    さきほども少しお話しましたが、シャンプーやコンディショナーの洗い流し忘れは頭皮トラブルの原因に繋がりやすくなります。

そのため、最初からコンディショナーを地肌につけないようにするなど心がけておくと、コンディショナー由来の地肌トラブルを防ぎやすくなります。
さきほども少しお話しましたが、シャンプーやコンディショナーの洗い流し忘れは頭皮トラブルの原因に繋がりやすくなります。

そのため、最初からコンディショナーを地肌につけないようにするなど心がけておくと、コンディショナー由来の地肌トラブルを防ぎやすくなります。

  1. 定期的に頭皮の「オイルクレンジング」をする
    頭皮の汚れを落としつつも保湿してくれるのが「オイルクレンジング」。

筆者もよく自分で行っていますが、マッサージしながらのオイルクレンジングはとても気持ちが良いですよ。

頭皮の毛穴をクリーンにすることで、地肌と繋がっている毛根が元気になり、生えてくる髪の毛が健康になるといわれています。
頭皮の汚れを落としつつも保湿してくれるのが「オイルクレンジング」。

筆者もよく自分で行っていますが、マッサージしながらのオイルクレンジングはとても気持ちが良いですよ。

頭皮の毛穴をクリーンにすることで、地肌と繋がっている毛根が元気になり、生えてくる髪の毛が健康になるといわれています。
おすすめはホホバオイルなどのキャリアオイル。お好みで精油(アロマオイル)を少量混ぜてアロマ効果を楽しむのも◎

  1. 髪の毛を乾かす際は自然乾燥ではなく「ドライヤー」を「正しく」使う
    シャンプー後、タオルドライしてそのままにしていませんか?
    濡れたままの髪の毛は、髪にとっても負担になりがちなだけでなく、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

シャンプー後は、必ずドライヤーを使って乾かしましょう。
シャンプー後、タオルドライしてそのままにしていませんか?

濡れたままの髪の毛は、髪にとっても負担になりがちなだけでなく、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

シャンプー後は、必ずドライヤーを使って乾かしましょう。

髪は皮膚の一部です。大事に保湿とケアを行えば、少しずつ良くなると思います。大丈夫です。応援しています。

スポンサー
悩み【人生】
スピリチュアルカウンセラー・ひさしの悩み解決ブログ

コメント

https://kaiketsu-blog.tokyo/%e3%80%8c%e9%ab%aa%e3%81%8c%e3%83%91%e3%82%b5%e3%81%a4%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%99%e3%80%8d%e3%81%a8%e6%82%a9%e3%82%80%e4%ba%ba%e3%81%ab%e8%a8%80%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%81%93%e3%81%a8/