「自分は存在感がありません」と悩む人に言ったこと(1)

no title 悩み【人生】
スポンサー

存在感がないと、居場所がないと思ってしまうんですよね。では、どうやったら存在感が出てくるのか。対処をいくつか紹介します。

まず、一人でも多くの人に話しかけられるようにすること。そうすると、全体の中で存在感がなくても、話しかけられた相手は、少なくともあなたのことを覚えてくれます。

初めは顔まで覚えてもらえなくて「女の人に話しかけられたな」程度の認識かもしれません。

そして短い会話の中でも、何かしら自分との共通点を探すようにしましょう。

同じ持ち物を持っている、出身地に知り合いがいる、同じ食べ物が好きなど些細なことで大丈夫です。

「私も○○持ってます」とか「私の祖母も○○出身です」等を、さらっと会話の中に取り入れます。

その後は、たまに相手と同じ行動をします。全く同じ動作をいつもしていたら気持ち悪いので気をつけて下さい。

例えば、手を組んでいたら、自分も組むとか、「今日は電車に乗っていたら、混んでいてー」と話していれば「電車に乗っていたら混んでたんですね」と言ってから会話を始めます。

これはミラーリング効果といって、自分と同じ動作をした人間には、無意識に好意や親近感を持ちやすいという心理学のテクニックを利用するのです。

うまく行けば「なんとなく話したことがある人」から、「○○さん」と親近感を持って話しかけられるようになります。
 
これを何人かに繰り返していけば、一人ひとりがあなたのことをちゃんと認識してくれるので、存在感がないなんて言われなくなります。

次に、何か「ウリ」になる特徴を持つのが大事です。

存在感がないということは、特徴がないともいえます。

そこで、おすすめするのは、何かしら役に立つような知識や、特技を身につけることです。

例えば、ペン字の講座をこっそり受講して、文字をキレイに書けるようになれば、宛名書きの際などに重宝される「字のキレイな人」として覚えてもらえます。

パソコンが得意や計算が得意、何でもいいです。

「今日来てたっけ?」から「あの字のキレイな人に頼もう」と探してもらえる人にランクアップできます。

私は特技などないし、資格の勉強も苦手という場合は、風邪薬やばんそこう、ノド飴や裁縫道具など、ちょっとした便利グッズを持ち歩くようにしましょう。

どうしてもノドの調子が悪い時や、ボタンが取れて困ったときに助けてあげると、ピンチの時に助けてくれた人として覚えてもらえます。

人は助けてもらった人のことは、なかなか忘れません。それに「困った時は○○さん」として覚えてもらえます。

あとは、目に見える持ち物に特徴を持たせるのも重要です。

スマホケースやお財布、バッグなど、他人の目に付きやすい物に、覚えやすい特徴の物を選ぶのです。

普通のブランドのお財布よりは、同じブランドであっても限定品で柄に特徴がある物を選ぶのがオススメです。

派手であることよりも、パッと見たときに覚えてもらいやすいことが重要です。

アニマルプリントやバイカラー、キャラクター物なんかもオススメです。

それを変えることなく、ずっと持ち続けていると、「バッグにいつも○○をつけている人」と覚えてもらえます。

とりあえず、この3つだけでだいぶ違うと思います。あとは、次に来たときに話しますね。
大丈夫です。応援しています。

no title
「自分は存在感がありません」と悩む人に言ったこと(2)
存在感がないと、居場所がないと思ってしまうんですよね。では、どうやったら存在感が出てくるのか。1回目に続いて、対処をいくつか紹介します。(1回目はこちら)まず、話しかけやすい雰囲気を作っておくことです。存在感がないと、1日の中であまり会話をすることもありません。あまり会話をしないと、顔の筋肉は固まり、口角も下がってきます。そうなって...
スポンサー
悩み【人生】
スピリチュアルカウンセラー・ひさしの悩み解決ブログ

コメント

https://kaiketsu-blog.tokyo/%e3%80%8c%e8%87%aa%e5%88%86%e3%81%af%e5%ad%98%e5%9c%a8%e6%84%9f%e3%81%8c%e3%81%82%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%9b%e3%82%93%e3%80%8d%e3%81%a8%e6%82%a9%e3%82%80%e4%ba%ba%e3%81%ab%e8%a8%80%e3%81%a3%e3%81%9f/