「告白できない」と悩む人に言ったこと

no title 悩み【人生】
スポンサー

告白って、難しいですよね。勇気も要りますし。
それに、ただ言葉を伝えるだけではいけません。そこへ至るまでの過程やシチュエーションが大事です。これを怠ると、成功の可能性が低くなります。

そこで、成功しやすい告白の方法にはどんなものがあるのかご紹介します。

  1. とにかく相手とコミュニケーションをとり、親しくなる
    良く知らない相手からの告白は、男性も女性も戸惑ってしまいますよね。そこでまずはとにかく相手はコミュニケーションをとって親しくなることが大切です。

最初は知人や友人関係から始めて、徐々に親しくなり、告白への準備を始めていきます。

お互いのことをどんな人か分かっていれば付き合うハードルも下がるでしょう。

  1. 相手から脈ありサインが出るまで、とにかく相手へ尽くす
    関係を続けていると、なんとなく「脈があるかな」と感じることがあります。そうなったら告白の成功率もあがるでしょう。

相手が「良い人だな」と思い好感度が上がっていけば、告白もうまくいきやすいもの。逆に脈ありサインを感じなければ、まだ恋人同士になるのは難しいサイン。

それまでは相手に尽くし、関係を続けていきましょう。

  1. 脈ありサインが出たら、雰囲気のいいお店や景色のいいスポットへ足を運ぶ
    脈ありサインが出たら、雰囲気のいいお店や景色のいいスポットへ足を運ぶ

相手の好感度を上げるにはシチュエーションも大事です。脈ありサインを感じたら、雰囲気のいいお店や景色のいいスポットへ一緒に出掛けてみましょう。ロマンチックなスポットは、それだけで雰囲気を盛り上げてくれます。

また「自分のためにわざわざ調べてくれた」という思いは、相手への好感度も上がっていくもの。告白するなら雰囲気の良いスポットはいくつか調べておくのがおすすめです。

  1. いいムードになったら「好きです、付き合ってください」とシンプルに告白する
    2人でロマンチックな雰囲気になったらいよいよ告白です。告白の言葉も色々考えていることでしょう。

男性も女性も、結局はシンプルが一番相手に気持ちが伝わります。「好きです、付き合ってください」とシンプルに力強く伝えましょう。

周りの雰囲気の良さも手伝って、相手も真剣に考えてくれるはず。どちらの結果に転ぶにせよ、相手からの返事をしっかり受け止めましょう。

  1. 帰宅後にLINEなどでアフターフォローまできっちり行う
    うまくいって付き合うことになったら、帰宅後に連絡をするのを忘れずに。LINEやメールなどで「今日はありがとう」「嬉しかった」「これらもよろしく」などもアフターフォローを行うことで、「この人はきちんとしている人だな」という印象を与えるのです。

仮にフラれたとしても、連絡をしっかり入れることで友人関係を続けやすくなります。関係を続けていれば再びアタックするチャンスもあるかもしれませんので、アフターフォローはしっかり行いましょう。

大丈夫です。応援しています。

スポンサー
悩み【人生】
スピリチュアルカウンセラー・ひさしの悩み解決ブログ

コメント

https://kaiketsu-blog.tokyo/%e3%80%8c%e5%91%8a%e7%99%bd%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%8d%e3%81%a8%e6%82%a9%e3%82%80%e4%ba%ba%e3%81%ab%e8%a8%80%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%81%93%e3%81%a8/