「単発バイトでいやな思いをした」と悩む人に言ったこと

no title 悩み【人生】
スポンサー

単発バイトは、先ほどのブログでも申し上げた通り、気軽に始められます。
でも、同じくらい気軽に扱われて、トラブルになることもないわけではありません。

単発バイトを始める場合は、以下の点に注意することを、後輩たちには伝えています。

●登録制かどうかを確認する
単発バイトでも、派遣型の場合は派遣会社に登録する必要があります。登録制はすぐ仕事が始められそうなイメージですが、すぐに働けるとは限りません。派遣会社では、顧客企業からの要求によってあらかじめ募集する人数が決まっているところもあります。そのような場合は、人が足りなくなった時に求人募集をします。また、具体的な勤務日を記載しているかどうかも確認しておくポイントです。

●勤務期間をチェックする
短期バイトだと思って契約したら、実は長い期間の求人募集だった、ということもあります。短期バイトをするなら、しっかりと期間が限定されているかどうかを確認しておきましょう。会社によっては、同じ仕事でも長期バイトと一緒に併記されていることもあります。不明な点は事前にしっかり担当者に問い合わせておきましょう。

●給与の支払い形態を確かめる
短期バイトの給与の支払いには色々なタイプがあるので、事前によく確認したほうが良いでしょう。例えば日払い・後日振込・翌日以降事業所で手渡しなどです。特に注意したいのが、「日雇い」と「日払い」です。日払いはその日に給料が払われるのですが、日雇いは後日支給されます。日雇いと言うと1日単位で雇用されることを意味しますが、必ずしも日払いとは限らず、給与が支払われるタイミングはその会社によって異なります。また、日払いと記載していても翌日や翌週に支払われるというケースもあるので、その日のうちに給与を貰いたいなら「即日払い」と書かれているところを選びましょう。

●待遇をチェックする
単発バイトだからと言って、待遇をチェックし忘れないようにしましょう。むしろ単発バイトだからこそ、事前にしっかり確認すべき事柄です。例えば交通費が全額支給されるのか、拘束が長い場合は食事の支給があるのか、制服や道具などの貸与があるか、といったところです。

●日払いや週払いでも税金は引かれる
単発のバイトでスキマに仕事をした場合でも、年間所得が20万円を超えた場合は所得税を納める必要があります。また単発バイトの場合でも、あらかじめ源泉徴収によって所得税を引いた金額が手渡しされる・振り込まれるという会社がほとんどです。引かれていない場合は自分で確定申告を行います。

単発バイトは、いつでも自分のスキマ時間に始められるのが良いところです。しかも初心者でも挑戦できる仕事が多いのも魅力的な部分ですね。急に現金が必要になった、お金を少しでも貯めて自己投資に使いたい、旅行に行きたいなど、人によってお金を稼ぎたい理由は色々あります。そんな時は自分ができそうな単発バイトを始めてみましょう。お仕事によっては、視野が広がるといったメリットも得られることがあるでしょう。


期間が短いので、どんな仕事も気兼ねなく挑戦することができますよ。まずは自分でもできそうな単発バイトや、やってみたい仕事から探してみましょう。
大丈夫です。応援しています。

コメント

https://kaiketsu-blog.tokyo/%e3%80%8c%e5%8d%98%e7%99%ba%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%a7%e3%81%84%e3%82%84%e3%81%aa%e6%80%9d%e3%81%84%e3%82%92%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%8d%e3%81%a8%e6%82%a9%e3%82%80%e4%ba%ba%e3%81%ab%e8%a8%80/